五感の生活

室礼 新茶

2019.5.19 五感の生活

日本一の茶処である故郷 静岡県。県内では多くの有名産地で「山の茶・谷の茶・里の茶」が生産されています。4月後半から5月前半にかけ、各地で新茶(一番茶)の摘み取りが行われます。 お茶の樹は、冬の間に栄養を蓄え、春の芽生えと… もっと読む »

彩時記 世界お茶まつり

2019.5.12 五感の生活

5月10日~12日まで、世界お茶まつり2019春の祭典が「ふじのくに茶の都ミュージアム」をメイン会場として開催されました。美しい牧之原台地の茶園風景のなかでお茶の魅力を身体いっぱい味わってきました。   &nb… もっと読む »

室礼 葵祭

2019.5.9 五感の生活

京都三大祭の一つとして知られる葵祭は、賀茂御祖(かもみおや)神社と賀茂別雷(かもわけいかずち)神社の例祭。毎年五月十五日に行われ、フタバアオイをつけた平安後期の装束での大行列が有名です。斎王代を含む行列は総勢500名を超… もっと読む »

彩時記 新茶摘み

2019.5.3 五感の生活

令和元年五月、暑さの中にも心地よい風を感じながら新茶摘みに精を出しています。 近くの茶工場からはいい香りが、そして林の中からはうぐいすの鳴き声も…

室礼 端午の節句

2019.4.29 五感の生活

「端午の節句」は五月五日にあたり、「菖蒲〔しょうぶ〕の節句」とも言われます。もともとは女性の節供だったようです。五月は田植が始まる時期で早乙女(田植えをする少女)が家に籠って身を清め、田の神様を迎え祭る風習があったとか。… もっと読む »

室礼 十三詣り

2019.4.12 五感の生活

旧暦三月十三日、その年に数えで十三歳になる子供たちが、厄難を払い知恵を授けてくださるように虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)に参拝する行事です。 初めて大人の寸法(本断ち)の肩上げした晴れ着を着用させ、帰宅後、すぐに肩上げで… もっと読む »

室礼 都をどり

2019.4.7 五感の生活

京都に春を呼ぶ風物詩「都をどり」、京都最大の花街・祇園甲部の芸妓・舞妓による一か月にも及ぶ舞踊公演が今年は南座を舞台に始まりました。「都をどり」の舞台は、約1時間、全8景の一幕仕立て。いったん幕が上がると決して幕を下ろす… もっと読む »

室礼 灌仏会(かんぶつえ)

2019.4.1 五感の生活

旧暦四月八日はお釈迦様の生まれた日。一般に「花祭り」とも呼ばれ、各寺院では祝いの法会が行われます。参拝者は「花御堂」に祭られた釈迦像に竹の柄杓で甘茶を注ぎますが、これはお釈迦様が誕生された時、天から甘露という甘い雨が降っ… もっと読む »

室礼 利休忌

2019.3.20 五感の生活

3月27、28日は茶聖・千利休の忌日であり、「菜の花忌」ともいわれます。 千家流茶道の開祖・千利休は、秀吉の命により、天正19年2月28日に自害しました。その1ヶ月後れを命日とし、表千家は27日、裏千家は28日に追善茶会… もっと読む »