五感の生活

彩時記 飾り水引

2016.12.5 五感の生活

皆さん、「水引」って知ってますよね。そうそう、祝儀袋に結ばれている金や銀、紅色などの細い紙紐です。この紐を編み込んだりして、結婚式用の祝儀袋の鶴や亀などの飾り水引にするんです。アクタガワの「五感の生活」では、この飾り水引… もっと読む »

彩時記 干し柿づくり

2016.11.30 五感の生活

アクタガワの「五感の生活」では、季節に合わせて梅干しづくりや干し柿づくりをお客様と一緒に行っています。梅干しづくりはご紹介できませんでしたので、今回、干柿づくりをご紹介します。 農園から渋柿を取り寄せて、皮をむくところか… もっと読む »

室礼 酉の市

2016.11.18 五感の生活

「酉の市」は、十一月の酉の日に東京・浅草の鷲(おおとり)神社をはじめ、各地の鷲神社、大鳥神社で行われる、開運招福、商売繁盛を願う祭りです。今年の「酉の市」は、一の酉が11月11日、二の酉が11月23日ですね。 浜松市中区… もっと読む »

室礼 七五三

2016.11.8 五感の生活

七五三は、もともとは宮家や公家、武家で行われていた祝いの儀式で、年齢ごとに「髪置き」「袴着(はかまぎ)」「帯解き(おびとき)」という別々の祝い事でした。 昔は七歳までは神の子、七歳から人格を持つと考えられたので神社への参… もっと読む »

室礼 紅葉狩り

2016.10.31 五感の生活

~雅な秋の野遊び~ 秋の紅葉を鑑賞することを「紅葉(もみじ)狩り」といい、春の花見と同じように、古くから人々に好まれ親しまれてきました。 紅葉狩りは、もともとは七世紀頃、宮廷や貴族の間で行われた優雅な遊びのひとつでした。… もっと読む »

室礼 円相

2016.10.16 五感の生活

円相(えんそう)は、禅における書画のひとつで、図形の丸(円形)を一筆で描いたもの。「一円相(いちえんそう)」「円相図(えんそうず)」などとも呼ばれます。 悟りや真理、仏性、宇宙全体などを円形で象徴的に表現したものとされて… もっと読む »

室礼 栗名月

2016.10.13 五感の生活

旧暦の9月13日・「十三夜」は「豆名月」「栗名月」とも呼ばれ、お供え物の豆や栗が、ちょうどこの時期に食べ頃になることが、その由縁といわれています。 十五夜は中国から伝わったものですが、十三夜は日本固有の風習で、秋の収穫祭… もっと読む »

室礼 神無月

2016.10.4 五感の生活

旧暦10月は、日本中の神様が出雲(島根県)に集まり、それぞれの社に神様が不在になるために「神無月(かんなづき)」と呼ばれますが、出雲の国では神々が集まる月になることから「神在月(かみありづき)」と呼ばれています。 神様た… もっと読む »

室礼 稲刈月

2016.9.17 五感の生活

ほとんどの日本の地域で、米は秋に収穫されます。 それを祝い、また、五穀(米などの穀物)豊穣(豊かに実る)がもたらされる様、神に奉じたのが秋祭りの起源となっています。 秋祭りが終わった後、田の神は人里から遠く離れた山に帰り… もっと読む »