室礼 処暑

2017.8.21 五感の生活

二十四節気の一つで、新暦では八月二十三日頃にあたります。処暑とは「暑さが止む」という意味です。昼間はまだ暑い日が続きますが、朝夕には夏の終わりを感じさせる涼しい風が吹きます。涼風を利用した夕涼みは江戸時代に貴賤を問わず盛… もっと読む »

室礼 ほおずき

2017.8.9 五感の生活

古くから薬草として利用され、実を口で鳴らす遊びで親しまれる「ほおずき」 毎年七月に東京浅草・浅草寺(せんそうじ)で開かれる「ほおずき市」が有名で、多くの人で賑わいます ほおずきは「鬼灯」とも書き、その形から別名「灯籠草(… もっと読む »

室礼 風鈴の音色

2017.8.2 五感の生活

  日本の夏、家の軒下などにみられる風鈴。元は中国で、魔除けや占いの目的で家の四方に鐘を吊り下げていたものが始まりと言われています。 暑さのなかでも風鈴のチリンチリーンと高くて透明な音を聴くと“涼しい”と感じま… もっと読む »