室礼 お水取り

2021.3.11 五感の生活

お水取りは、三月一日から二週間にわたり東大寺二月堂で厳修される「修二会」の通称で、春を告げる行事として古くから奈良の人々に親しまれています。
特別に選ばれた僧侶が、人々が日常生活の中で重ねた罪を懺悔し、国家安泰と万民豊楽を祈る法要です。お堂の中には僧侶たちが作ったツバキの造花(糊こぼし)が飾られご本尊に捧げられます。