室礼 節分

2018.1.28 五感の生活

節分とは文字通り、節(季節)の分かれ目のことで、本来は立春・立夏・立秋・立冬の前日を指します。節分が特に立春の前日(二月三日頃)を指すようになったのは、旧暦では立春が正月と同じく新年の初めとされていたためです。
新しい年を迎える前に邪気を払って福を呼び込むために、宮中行事として追儺(ついな)という行事が行われるようになり、その行事のひとつ豆打ちの名残りが豆まきというわけです。

また「豆まき」は、中国の鬼祓い(おにはらい)の行事が伝わったものとも言われています。
疫病や災害をもたらす鬼の目(魔目)に「豆」を投げつけ、硬い山椒の木でできた「あたり棒」で追い払います。また、葉にトゲのある「ヒイラギ」で鬼の侵入を防ぎます。
節分には豆をまきますが、豆は「魔滅(まめ)」に通じ、無病息災を祈る意味があります。昔、京都の鞍馬に鬼が出たとき、毘沙門天のお告げによって大豆を鬼の目に投げつけたところ、鬼を退治できたという話が残っており、「魔の目(魔目=まめ)」に豆を投げつけて「魔を滅する(魔滅=まめ)」に通じるということです。