室礼 端午の節句

2018.4.30 五感の生活

「端午の節句」は五月五日にあたり、「菖蒲〔しょうぶ〕の節句」とも言われます。もともとは女性の節供だったようです。五月は田植が始まる時期で早乙女(田植えをする少女)が家に籠って身を清め、田の神様を迎え祭る風習があったとか。男の子の祭りへと変わったのは江戸時代頃からといわれており、「菖蒲」は「尚武〔しょうぶ〕(武事を尊ぶ)」「勝負」に通じることから勇ましさの象徴となりました。兜を飾るようになったのは武家社会の慣わしからです。
薬草として使われる菖蒲は、病気や厄災を祓うといわれ、軒先に飾ったり、菖蒲湯に入ることで無病息災を願います。

菖蒲湯に使う菖蒲は、葉菖蒲(サトイモ科 匂い菖蒲とも)で、飾る花菖蒲(アヤメ科)とは別の植物なんです。葉の形がそっくりだったことから同じ字をあてられたようです。