室礼 流鏑馬

2018.9.14 五感の生活


鎌倉の鶴岡八幡宮では、毎年9月14日から16日までの3日間、例大祭が行われます。1187年に源頼朝が催した放生会(ほうじょうえ)がその起源とされていて、祭りの最終日では流鏑馬(やぶさめ)が奉納されます。鎌倉時代の武士の狩装束に身を包んだ射手(いて)が馬で駆けながら3つの的を射抜く流鏑馬は、800年以上の伝統を受け継ぐ勇壮な神事です。弓馬術礼法小笠原教場宗家一門のご奉仕により、鎌倉時代さながらに執り行われます。