室礼 十五夜

2018.9.21 五感の生活

十五夜に月を鑑賞する風習は、中国から伝わったもの。芋類の収穫がこの時期であることから、別名「芋名月」とも呼ばれます。この夜は、月に秋の収穫物を供えて実りに感謝し、これからの豊作を祈る大切な節目なのです。

収穫が終わった稲穂を月の神様の依り代としました。
月に見立てた団子は、丸いものから真ん中をへこませたへそ餅など地域によって様々です。

今年の十五夜は9月24日ですが、雨模様の天気予報ですね…。美しい名月が見られますように!