室礼 円相

2018.9.28 五感の生活

 円相(えんそう)は、禅における書画のひとつで、図形の丸(円形)を一筆で描いたもの。「一円相(いちえんそう)」「円相図(えんそうず)」などとも呼ばれます。
悟りや真理、仏性、宇宙全体などを円形で象徴的に表現したものとされていますが、その解釈は見る人に任されます。
また、円窓と書いて「己の心をうつす窓」という意味で用いられることもあります。