室礼 十三夜

2018.10.18 五感の生活

 旧暦の9月13日・十三夜は、十五夜の後に巡ってくるので「後の名月」と呼ばれます。また「栗名月」「豆名月」とも呼ばれ、お供え物の栗や豆が、ちょうどこの時期に食べ頃になることが、その由縁といわれています。
十五夜は中国から伝わったものですが、十三夜は日本固有の風習で、延喜19年(919年)に宇多天皇が観月の宴を催したのが始まりとも言われています。また、秋の収穫祭の一つではなかったかとも考えられています。
昔から、十五夜、十三夜、どちらか一方しかお月見をしないことを「片月見」といい、縁起が良くないとされています。この時期は、空気も澄み好天の日も多いことから、きれいな十三夜が見られることでしょう。