室礼 秋祭り

2018.10.24 五感の生活

農作物の収穫を神に感謝し、翌年の豊作を願う秋祭り。9月から11月になると、日本各地で行われます。町には提灯が飾られ、お囃子や太鼓の音が祭りの雰囲気を盛り上げます。祭りでは、法被に手拭い姿の人たちが神輿(みこし)や山車(だし)を担いだり曳いたりする風景を目にします。神輿は神様を運ぶ神聖な乗り物とされ、「わっしょい」という掛け声には「和を背負う」などの意味があるようです。
秋祭りが終わると、田の神は人里から遠く離れた山に帰り、山の神になるといわれています。